等級表による鋼球の選び方

大陽鋼球軸受株式会社でも様々な商品が提供されています。
活用していく時にはそれぞれの特徴や素材、さらに等級などを判断しながら活用することとなります。

直径もそれぞれ異なっていますので、購入をした際に上手くはまらないということがないように、あらかじめ計画を練っていくことが重要です。
企業内でも様々な商品がありますので、素材が合っているかも重要なポイントです。

鋼球の呼び方や呼び直径といったものがありますが、それぞれ原則として寸法表から判断していくこととなります。例えば等級をみていくと、主立った等級は小さいもので3、大きくなると100や200となります。
等級表によって変わっていきますので、しっかりと判断しながら活用していくようにしましょう。
大陽鋼球軸受株式会社でも幅広く扱っていますので、注意しながら決めていかなければなりません。

大きさなどだけでなく、品質についても等級表が大きなポイントとなっています。例えば、それぞれの形状や表面の粗さを見ていくと、直径は全く関係なく等級表から判断されていきます。
また区分けされていく精度やゲージについては、鋼球で使用されるロットの直径であったり相互差、またゲージの間隔も判断材料となります。ここにも等級表が絡んできますので、事前にチェックしましょう。